クレジットカードショッピング枠の現金化について

信用

credit

どのような物を購入する場合においても、必ず支払いという行為が発生する。

この支払いという行為については、様々な方法がある。最も基本となるのが現金での支払いである。その他にも、クレジットカードでの支払いであったり、通販等の支払いに利用する銀行振り込みや郵便振替、そして、コンビニ支払いといった手法が存在するのである。

支払いの基本は料金先払いであるが、クレジットカードによる支払いは先払いではなく後払いという特徴がある。そのため、クレジットカードを手にするためには、信用というものが必要となるのである。

審査

クレジットカードを手に入れる為には、クレジットカード会社の審査を受ける必要がある。

この審査では、取得希望者の信用情報であったり、収入や財産といった返済能力を審査するのである。料金後払いという手法をとるが故に、このような審査と言うのは必要不可欠となっているのである。

そのため、返済能力がないとみなされたり、信用情報に問題等が合った場合には、クレジットカードの取得と言うのは不可能となる。

利用

クレジットカードには大きく分けて2つの利用法が存在する。

その利用法というのが、ショッピングとキャッシングである。商品購入の代金支払い等に利用するショッピングと現金を借りるキャッシングにはそれぞれ限度となる額が決められており、それぞれの限度をショッピング枠やキャッシング枠という風に呼ぶ。そのため、ショッピング枠が50万円であれば、累計で50万円までであれば、カードでの支払いが出来るという事になる。既に10万円分の支払いをカードで支払っていれば、40万円まで利用出来るのである。

ショッピング枠50万円の人が10万円の支払いをカードで行った場合には、限度額まで40万円である。しかし、カード会社へとカードで支払った10万円の返済を行う事によって、再び限度額の50万円まで利用する事が出来るようになる。

そうした、カードの利用状況であったり、返済状況によって枠の限度額が増加する場合もある。その他にも自ら限度額を引き下げる申請を行う事で、カード支払いで利用できる限度額を引き下げるという事も可能となっているのである。

支払い

genkinka

カードは支払いの手法の1つであるが、そのカード払いにも大きく分けて4タイプの種類が存在しているのである。それが、一括、分割、リボ、ボーナスの4タイプである。

一括払いは、カード支払いで利用した金額を一括でカード会社へと支払うという方法である。そして分割はカード払いの際に何回分割するかを決め、決めた回数で購入金額を割った金額をカード会社へと支払う。リボ払いは正式にはリボルビング払いと言い、返済回数を決める分割払いと似ているが、リボ払いの場合には月々の返済額を先に決め、その返済額で購入額分の返済が終わるまで支払い続けると言う方法になる。

ボーナスはボーナス一括やボーナス併用分割という風に分類され、ボーナス一括はボーナスを貰える月まで返済をせず、ボーナスを貰える月に一括で返済するという方法であり、ボーナス併用はボーナス月のみ返済額を多くして返済するという方法となる。

スペシャルトピックス

新着情報